四十肩・五十肩は 大阪天六 橋垣整体院

橋垣整体院

橋垣整体院

五十肩に効果的なテーピング

五十肩に効果があるテーピングの仕方

テーピングの準備

五十肩に効果があるテーピングの仕方

5センチ幅のテープで左から25センチ20センチ30〜35センチ
25センチのテープと30センチのテープは二股に切り込みを入れる。

動画によるテーピング方法をご紹介

テーピングによる効果

テーピングすることによって筋肉のサポートやリンパの流れ、血液循環の改善効果があります。
テーピングは痒みなどが無ければ3日は持続して貼ってください。
数日間貼ることでテーピング効果が持続します。
お風呂はそのまま入ってもらっても大丈夫です。
ただしドライヤーなどでは乾かさずに、タオルなどで水分をとってください。

このテーピング法は、人間本来の自然治癒力を利用して障害を取り除く方法です。
テープを貼ると、皮膚がテープにより波状に持ち上がるため、体内に隙間ができます。
その隙間によりリンパ液や血液の流れが良くなります。
それにより新陳代謝が改善されて自然治癒力が高まります。

テープは、貼るだけで筋肉の凝りや痛みが柔らぎ、術後や怪我の内出血を早く治すことが出来ます。
テープを貼ると、血流が良くなるので筋肉の痛みだけでなく、ちょっとしたダルさや冷え性にも効果があります。
さらに、テープを筋肉の酷使するところに予め貼っておくと、筋肉痛や障害発生の予防にも役立ちます。

肩の症状に合わせてテーピング方法をご紹介

三角筋のテーピング三角筋のテーピングです。
手を上げる動作や後頭部の方に手を回したり、腰の方に手を回す際によく使われる筋肉です。

腰部のテーピング腰部のテーピングです。
手を上げる際に腰の筋肉も連動して動く為、腰部にテーピングをすることで肩の痛みを軽減する働きがあります。

三頭筋のテーピング三頭筋のテーピングです。
肘を伸ばす筋肉になります。
肩が痛いとどうしても肘が曲がってしまい、三頭筋に負担がかかります。その負担を軽減させ肩の痛みを和らげます。

棘下筋のテーピング棘下筋のテーピングです。
肩を外に回す時の筋肉です。
手を上げる際には、必ず肩が外に回ります。その作用を助ける働きと、夜間痛を軽減させる働きがあります。

上腕二頭筋のテーピング上腕二頭筋のテーピングです。
肩甲骨に腕の骨を引き寄せる働きや前から手を上げる時などによく働きます。この筋肉を補助することで肩の関節が安定し、痛みが緩和されます。

棘上筋のテーピング棘上筋のテーピングです。
手を上げる作用や肩甲骨に、腕の骨を引き寄せる作用があります。上腕二頭筋と共にテーピングすることで、肩の痛みがより軽減します。

前鋸筋のテーピング前鋸筋のテーピングです。
肩を上げきる際によく働く筋肉です。この筋肉を補助することで、肩を上げきる際の痛みが軽減します。

回外筋のテーピング回外筋のテーピングです。
腕を外に回す時の筋肉です。この筋肉を助けることで肩の関節が外に回りやすくなる為、手の上げやすさが良くなります。

肩のリンパの流れを良くするテーピング肩のリンパの流れを良くするテーピング
です。夜間痛や炎症がキツイ際に貼ることで、早期の回復が望めます。